システム開発・OA機器・通信・電話機器、通信インフラなど総合的なネットワーク構築

ナピアコーナー

エコキュートにしてみました 09/02/14

【ガス給湯器が壊れたので、エコ・キュート】
*使用タンク 370リットル
*以前使用していたガス給湯器は24号

【感 想】
1.かなり不満
   24号器を使用していたので、その湯量の少なさには閉口。以前のように2階の給湯はもちろん、シャワーの水圧も問題にならないくらい低い。
これは水圧の力を借りて給湯する仕組みのガスとは違い、一度タンクにためた湯を使用するためどうしても水圧が下がるとのこと。そうしないとタンクの弁が壊れるそうです。

2.湯量が少ない。
  水圧が低いため温度の高い湯に設定して使用するが、タンクの貯蔵量がどんどんなくなる。すると電気代が安価になる時間に関係なく湯を沸かし始めるので、光熱費の節約にはならない。(設定により、夜間のみ沸かすやり方もあるが、使用しているうちに湯がなくなる危険性がある。)

3.夜間の騒音
  節約のため夜間に湯を沸かすのがエコキュートの仕組みだが、隣と隣接しているとファンの回る音が気になる。しかしガスと場合は振動が伝わるが、この場合は振動は少ないように思う。
  せっかく癒しのためにゆっくりお風呂に入るつもりが、隣接宅から苦情が来ないかとビクビクの入浴である。

4.生活サイクルが変わる
  夜間の湯沸かしになるよう(22時以降)、お風呂に入るためには22時前くらいにお湯張りをしなければならず、バスタイムが今までより遅くなった。
  我が家はもともと12時過ぎまでお風呂を使うので大した影響はないが、早寝の家はかなり具合が悪いと思う。

5.湯張りは早い。
     新湯では10分くらいで160リットルを入れてしまうので、かなり早い。しかし我が家は冬でも15分くらいで180リットルがわくので、たいして恩恵はない。

【ここまででは】
  今までの24号器を使用していた我が家にとっては、不満だらけである。
  次回は光熱費はどのくらい節約できたか!を記載します。

閉じる